MTC Online
ログイン|登録|購入する|サービスの利用規約|中国語英語日本語

MTCオンライン サービスの利用規約

私どものオンライン課程にご参加下さいまして、ありがとうございます。私どものウェブサイトに利用登録をなさった時点で、あなたが本約款に同意なさったと見なされますので、本約款の内容をしっかりとお読み下さい。

一、MTCオンラインのプライバシーと著作権に関するポリシー
あなたのご同意を得た場合、或いは法律に基づいて、検察機関・調査機関に協力したり公務上の必要に対処したりする場合を除き、私どもはあなたの利用登録や科目選択に関するデータを、決して漏洩したり、転売したり、他者との取引に用いたりいたしません。

  1. 本センターが会員のクレジットカードに関する個人情報を他者に提供することは、決してありません。
  2. 本センターのオンライン教材をご使用いただくことにより、オンライン教材、或いはあなたが保存した教材内コンテンツについて、如何なる知的財産権があなたに授与されることもありません。関連するコンテンツの所有者による同意、或いは法律による許可がない限り、ウェブサイト中のコンテンツを使用することを、あなたは一律に禁じられます。

二、課程に受講を申し込まれる方は、MTCオンラインの課程に自覚的に志願なさり、授業出席、欠席、補講等に関する規定を遵守なさらなければなりません。規定を遵守なさらないことにより損失が生じた場合には、受講生ご自身に責任を負っていただきます。
三、会員は、授業期間に記録された映像、音声及び教材等の内容を、国立台湾師範大学国語教学センターに、研究、宣伝及び販売のため無償供与することに同意なさるものとします。

四、授業出席に関する規定:

  1. 授業出席に当たっては、ご自身でコンピュータ、マイクロフォン、イヤフォン等の関連機材を準備して下さい。本センターは、授業に関連するコンピュータ設備を提供しません。
  2. 授業には定刻に出席して下さい。遅刻の場合、ご自分で責任を負っていただき、授業時間の延長や補講はいたしません。
  3. 遅刻が20分間を超えた場合には、教員はオフライン状態となり、その回の授業については補講をいたしません。
  4. 授業を正式に開始する前に、あらかじめ教員とオンライン面談を行っていただき、あなたの機材とインターネット接続に問題がないか確認していただきます。授業の正式開始後に、あなたがソフトウェア環境やハードウェア環境をお変えになった場合には、まずソフトウェア環境やハードウェアの使用テストを行って下さい。何か機材上の問題が生じた場合、確認の後もしそれが本センター側の問題でないことが判明すれば、本センターは一切責任を負いません。
  5. もし何か技術的な支障がありましたら、速やかに電子メールでMTCオンラインのカスタマーサービス係にご連絡下さい。直ちに処置いたします。

五、授業欠席に関する規定:

  1. 不可抗力による場合を除き、開始時刻の24時間前までに欠席手続を済ませて下さい(カスタマーサービス係mtconlineservice@gmail.comに電子メールをお出し下さい)。さもなくば無断欠席と見なされます。もし不可抗力により欠席なさる場合は、電子メールで理由をご説明下さい。但し、不可抗力と認めるか否かを判定する権利は、本センターに属します。
  2. 個人クラスの受講生は、欠席手続の完了後、教員と補講時間を相談なさることが可能です。正当な理由なく無断欠席なさった場合には、補講をお受けになることができません。
  3. 団体クラスの受講生は、受講生が一人でも正常に出席なされば、課程は予定通り進行されますので、この点に十分ご留意下さい。
  4. 全20時間から成る課程の中で、授業欠席と授業時間調整の合計時間は、6時間を超えることができません。

六、授業時間の調整に関する規定:

  1. 個人クラスの受講生は、教員と相談なさって授業の3日前までに教員の同意を得られた後、その週の、或いは課程全体(?)の授業時間を調整なさることが可能です。
  2. 団体クラスの受講生は、他の受講生の権益に影響しますので、授業時間の調整をなさることはできません。
  3. 特殊な状況により、一時的な受講停止を申し込まれる必要が生じた場合には、電子メールでお申し込み下さい。あなたが受講できる残りの時間数をお取り置きしますが、お取り置きの限度は一年とします。
  4. 購入後は一年間有効です。使い切れなかった分は、購入後11か月の時点でMTC Onlineからお知らせ致します。最大3ヶ月の延長が可能です。

七、払い戻しに関する規定:

  1. 本センターは受講生が払い戻しの申請をなさる際の拠り所として、特にこの規定を定めます。
  2. 本規定は「国立師範大学国語教学中心退費弁法」(民国100年2月21日修正)に基づくものです。
  3. 本規約の指す払い戻しとは、授業料の払い戻しに限られます。受講を申し込まれる際にお払いいただく申し込み料は、一律に払い戻しの対象外とします。受講登録をなさり費用を払い込まれた後、七日以内であれば、授業料を全額払い戻し、授業開始の前日までに授業料を払い戻す場合には、授業料の九割を払い戻し、授業済み時間が総時間数の三分の一を超えない場合には、授業料の五割を払い戻します。授業済み時間が総時間数の三分の一を超えた場合には、払い戻しをいたしません。
    授業の総時間数 授業済み時間が総時間数の三分の一を超えない場合には、授業料の五割を払い戻す。
    20時間 授業済み時間が6時間に満たない場合は、授業料の五割を払い戻します。

  4. 受講生が不可抗力により授業出席を継続できない場合には、その事態が発生してから一週間以内に、払い戻し申請書に具体的な理由を詳しく記入して提出なさることが可能です。本センター主任による裁可の後に、払い戻しをいたします。本センターが申請書類を受け取った時点で、払い戻しの申請が為されたと見なされます。本条に基づいて払い戻しを受けられる方については、受講登録をなさり費用を払い込まれた時から授業開始日の前日までに申請なさった場合には、授業料の全額を払い戻し、授業済み時間が総時間数の三分の一を超えない場合には、授業料の七割を払い戻し、授業済み時間が総時間数の三分の二を超えない場合には、授業料の四割を払い戻します。授業済み時間が総時間数の三分の二を超えた場合には、払い戻しをいたしません。
  5. 授業開始後、受講生に授業レヴェルが合わない場合には、テーマが同じでレヴェルの異なるクラス(既に授業が開始されているもの)に移っていただくことが可能です。個人クラスにお移りになることも可能ですが、但しその場合には差額を申し受けます。レヴェルの合うクラスが見つからない場合には、第一回の授業後に申請なさった場合に限って、授業料の全額を払い戻します。
  6. 人数不足、定員超過、或いはレヴェルの合う授業がないという理由により、本センターが適当な課程を提供できない場合、受講生は授業開始後七日以内に払い戻し申請を提出することが可能です。その際には、全額の払い戻しをお受けになるか、授業料を次の一期(一期は一ヶ月です)にお回しになるか、いずれかをお選びになることができますが、授業料お取り置きの限度は六ヶ月とします。
  7. 上記以外の状況のもとで払い戻しを申請なさる方は、書面による説明を提出なさることが可能です。本センター主任による裁可を経て、その裁可に基づいて処理いたします。

八、本センターが必要を認めた場合には、ウェブサイトによる公告の後に、サービスの一部或いは全部を、一時停止或いは中止いたします。それにより会員に使用上の不便や、データの遺失が生じても、本センターは賠償責任を負いません。
九、サービスに関する本約款に何らかの増訂や改訂が生じた場合には、それが本ウェブサイトで公告された日以後、あなたは修訂後の約款に従わなくてはなりません。本センターは個別に通知することをいたしません。公告後もあなたが本センターのウェブサイトを引き続きご使用になる場合、あなたは修訂後の約款に同意なさったと見なされます。
十、サービスに関する本約款の解釈或いは適用に当たっては、中華民国の法律を準拠法とします。
十一、会員が本サービスを使用して、本センターとの間に争議が生じた場合に、会員はそれを誠意に基づいて解決することに同意するものとします。もし訴訟の必要が生じた場合には、会員は台湾台北地方法院(裁判所)を第一審の管轄法院(裁判所)とすることに同意するものとします。